お知らせ

2016年02月27日

ソムリエ的フロマージュのアレンジ

亀山です
フロマージュ3種のプレートを始めました。ソムリエ的な発想で仕事をした独自のアレンジプレートです。
image-aeef9.jpeg
■カマンベールのカルヴァドス漬け、シナモン風味
■クロッタン・ドゥ・シャヴィニョル桜の葉包み
■ボーフォール・エテとホワイトチョコレート

1,800円

レストランならではのチーズを楽しんで頂きたい!そんな思いでご用意しております。

お試しあれ…


posted by Nouvelle Ere at 00:08| チーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

*4月のチーズ*


こんにちは、斉藤です*
4月のチーズのご紹介です

最近暖かい日が続き、もうすっかり春ですね
ということで、チーズも春らしいものを意識してみました

今回は”白カビ”、”セミハード”、”青カビ”の3種です

1428409834993.jpg
こちらはセミハードタイプの”マルツォリーノ”
白くて丸い赤ちゃんの肌のようなとても可愛らしい見た目のチーズです
羊のミルクを使用したチーズで、牛に比べくせのあるイメージですが
爽やかな優しい酸味と控えめな塩分、ミルキーな味わいでとても食べやすいです

1428410077358.jpg
2つ目は”カマンベールドノルマンディーガロンド”
ただのカマンベールではありません
フランス、ノルマンディー地方で育った”ノルマンディー牛”のミルクを
100%使用した元祖カマンベールチーズです
しっかりとしたミルクの甘味と白カビの香りが新緑を思わせるような味わいです

1428410091109.jpg
そして最後は”ブルーデュヴェルコールサスナージュ”
今回ご用意したサスナージュは”オーガニック”のものを取り寄せました
むっちりとした食感、やわらかい塩味とオーガニックならではのやさしい
青かびの香りです

春のやさしく暖かい雰囲気を連想させてくれるような
チーズたちと共に皆様のご来店お待ちしております*

posted by Nouvelle Ere at 22:24| チーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

*3月のチーズ*


はじめまして、
今月からフロマージュを担当させていただくことになりました
斉藤です:)

先日、新しいチーズが届きましたのでご紹介させていただきます
今回は”ブルー”、”ハード”、”白カビ”をご用意致しました

白カビタイプは”ブリドファヴィエール”というものです
もっちりとしていてブリならではのクリーミーさがあり、
香りはさわやかな印象をうけました
ですが味わいはコクがあり、程よいほろ苦さとやさしい塩味もあり
バランスのとれたお味です
赤ワインに合いそうでした*

ハードタイプは”コンテドモンターニュ”です
熟成期間も様々ですが、18ヶ月以上熟成のものをご用意しました
バターのようなまろやかでコクのある香りと、
かめばかむほど旨みがでてきます
甘さ、旨み、程よい塩味、コクがでてきて、長期熟成だからこそうまれる
アミノ酸の結晶もまた食感のアクセントになっています
やわらかく、ねっとりとした食感でとてもおいしいです

そしてブルーは”フルムダンベールオヴァンモワルー”というものです
青かびタイプには抵抗がある方も多いかもしれませんが
今回のものは一般的なものよりもたべやすく、またブルーがすきな方でも
いつものブルーと違った味わいを楽しんでいただけるような一品です
青かびの中でも代表的で人気のある”フルムダンベール”、このチーズに
2種混合の甘口ワインを使用してつくられています
なので香りもほのかにワインの香りがします
口に含んだ瞬間はとても甘く、あとから塩味や青かびの香り、味わいが広がります
舌触りもすごくなめらかでクリーミー、味わいと食感共に
とけていくようなイメージです


すてきなチーズたちといっしょに、みなさまのご来店お待ちしております*

どれもすごくおいしいです:)
齋藤お気に入り.jpg



3月のチーズ ver.齋藤.jpg
posted by Nouvelle Ere at 17:11| チーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

今日はチーズの日



こんばんは。鴨志田です。

今日は11月11日

1918年の11月11日に第一次世界大戦が停戦したことを記念し、

特にヨーロッパ各地でこの日が祝日や記念日になっているそうですが、

日本においては「チーズの日」であることをご存知でしょうか?

飛鳥時代のことが記録された「右官史記」の中に

「文武天皇四年(西暦700年)10月(新暦11月)文武天皇が使いをつかわし、″蘇(そ)″をつくらしむ」

という記述があります。

ここで記されている″蘇(そ)″が現在のチーズの元祖と言われるものです。

そこで、日本国民にもっともっとチーズに親しんでもらうため、1992年に

覚えやすい11月11日を記念日とし、「チーズの日」が誕生しました。

今日ご紹介するのは「今月のチーズ」1

もはやフランス料理通の皆様には言わずと知れた

IMG_20141111_200824.jpg

「モン・ドール」です。

ジュラ山脈では夏には大きなハードチーズの「コンテ」が作られますが、

冬は雪に覆われ、酪農家間で大量の牛乳を持ち寄ることができないため、

大型の「コンテ」ではなくこの「モンドール」が作られるそうです。

とろとろのこの期間限定の「モンドール」は晩秋から冬にかけて大人気のチーズ

ヌーヴェルエールでも例に漏れずご用意しております。










スタッフ募集のご案内

24席の小さな空間だからこそ出来る、
一皿一皿に魂のこもった料理ときめ細やかなサービス。
個人の頑張りがそのままお客様の評価に繋がります。
華やかさだけでなく、実直に働ける方を募集します。



posted by Nouvelle Ere at 21:13| チーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

10月のチーズ3



こんばんは。鴨志田です。

10月も3分の2が終わろうとしていますが、

やっと10月のチーズ最後のひとつのご紹介です。

ペルシェ・ド・シェーブル

IMG_20141001_192212.jpg

その名のとおり、山羊のチーズですが、

青カビタイプです。

熟成が進むとピリっとした青カビの刺激が何ともたまらなくクセになります。

ボルドーやロワールのシノンなど、

カベルネソーヴィニヨンやカベルネフランなど相性が良さそうです。







スタッフ募集のご案内

24席の小さな空間だからこそ出来る、
一皿一皿に魂のこもった料理ときめ細やかなサービス。
個人の頑張りがそのままお客様の評価に繋がります。
華やかさだけでなく、実直に働ける方を募集します。



posted by Nouvelle Ere at 00:34| チーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする